アーカイブ:2019年 6月1日

  1. 「お湯の温度が高くないとお風呂に入った気がしない」という理由で、熱々のお風呂に延々と入る習慣がある人は、皮膚を保護するために必要となる皮脂まで流れてしまい、乾燥肌になる可能性大です。あこがれの美肌を作り出すために不可欠なのは、常日頃からのス…

RETURN TOP