マラガへのショートトリップ

レギュラークラスがクリスマス休暇に入り(もともと週1のクラスと月1のワークショップしか教えてないのでそれ以外は休暇なのだけれど)、日本に帰国するまで後1クラスだけで、開放的な気分になったので友達に会いにマラガまで。

dsc_2433
ビーチでの朝散歩を楽しむマンバたん

コルドバの親しい友達マカレナがマラガに引っ越したので泊まりがけで会いに出かけた。今回はRenfe(スペインの高速鉄道)での移動だったので犬達はルイスとお留守番。コルドバ⇔マラガ間はレンフェでちょうど1時間なので割と気軽に出かけられる。

dsc_2430
朝日を浴びるマカレナとフィービーとマンバ

マラガのRenfe到着駅であるところの”Malaga Maria Zambrano”からセルカニアス(マラガセントロ⇔フエンヒローラ間の近距離鉄道)に乗り換えBenalmádena/arroyo de la miel駅へ。迎えにきてくれていたマカレナ(とフィービー&マンバ)と抱き合って再開を喜ぶ。マカに会うのは今年のインド旅行の前だったので約3ヶ月ぶり。

dsc_2441

着いたのが夕方だったので、暗くなったビーチを一緒に散歩しながら最近の出来事をキャッチアップする。マカがボーイフレンドのミゲルと引っ越したアパートは、それぞれにバスルームの付いている2ベッドルームにリビングルームと大きめのキッチンがある快適な造り。テラスからは地中海が遠くに見える山寄りの静かなエリア。そこに犬2匹、猫2匹と暮らしている。ワインを開け一緒に簡単な夜ご飯を作り、帰宅したミゲルと3人で賑やかに過ごす。

dsc_2438

翌朝はビーチを散歩した後、車でフエンヒローラのマカの職場でもあるヴェジタリアンカフェへブランチに。日当たりのいいパティオでチャイを飲みながらこれからのプランやマカレナが再びマラガに戻るまでのいきさつなど本当にいろいろな事を話した。

dsc_2439

かぼちゃのフムスと、ビーツソースのアボカドとトマトのサンドウィッチをシェアする。キッチンの方からケーキの焼き上がるいい匂いがしてきて、パティオにいるお客さんがみんな一様にそわそわしていて可笑しかった。

dsc_2442

フエンヒローラから再びベナルマデナにもどり、大きい自然公園を散歩する。この広い公園には鶏や白鳥や鴨やウサギが自由に歩き回っているうえに、ヤギやロバまでいる。小さい囲いに入れられ卵を産ませられる鶏とあまりにも毛艶や様子が違っていて、ストレスというものが人間やその他の動物にいかに影響を与えるかを実感する。あんなに羽の1本1本までつやつやした美しい鶏を久しぶりに見た。他にも名前の知らない珍しそうな大きい鳥が悠々と闊歩していて、マカと「コルドバだと鶏もウサギもジプシーが盗んじゃうから(食べる為に)無理だね」などと話す。

夕方ベナルマデナの駅でマカとハグして別れ、マラガからコルドバに戻る。楽しい時間は本当にあっという間だ。コルドバに着くとルイスと犬達が迎えに来てくれていた。ボンちゃん大興奮。それにしても犬達がいないベッドでの1人寝は寂しかった。

La ARTISTaが参加している“ブログ村”にはカテゴリー毎に沢山の人気ブログが紹介されていますओम्

国際生活ブログランキング

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

犬達のことだけを書いている、1日のアクセスが2件、とか8件(!)の超地味なブログをはじめました。

クマピーとボンボンの生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です