ナヴァラートリのセレモニー

インドは基本的にヒンドゥーの神様や女神様にまつわるフェスティバルやプージャが1年中行われているけれど、9月の初めのガネーシャチャトゥルティ(ガネーシャの誕生日)のお祝いのプージャの時期になると、感覚的にはすぐにナヴァラートリ※(注1) が始まる。それからはもうお祭りのオンパレードで10月に入るとすぐ10/2のガンディージャヤンティ(マハトマガンディーの誕生日)があり、9日間にわたって続くナヴァラートリの翌日のダシェラ(10日目)、その20日後にはインド最大の行事であるディワリ(ディパヴァリ)へと続いていく。

dsc_2293

この時期のリシケシにはインド人旅行者がうんと増えて橋も道も人で溢れなかなか自分のペースで歩けなくなるのだけれど、特にここ数年は好景気の影響かインド人旅行者がものすごく増えてきているのを、9年続けてこの時期をリシケシで過ごして強く感じる。インド人観光客(多くはデリーなどの都会からの人達)のファッションはサリーやクルタ(パンジャビスーツ)などの伝統的なものからジーンズやワンピースに変わり、髪もシニョンやまとめて垂らすだけの素朴なスタイルからレイヤーが入ったモダンなものに変化してきている。

リシケシにいる外国人は歩くのが好きで滝やトレッキングに行ったり、街も移動は徒歩がほとんどなのだけれど、インド人はとにかくバイクやリクシャやジープなどをフル活用してなるべく歩かないようにしているように見える。それに伴って車の量が増え、車が増えると運転手は人が沢山歩いているせまい道を信じられないほどのスピードで疾走しながら激しくクラクションを鳴らすのでとにかくうるさいし危なくてしょうがない。日本とは命の捉え方というか重さが異なる気がする。ジープが歩行者の足を踏み超えていくとかフェンダーが人にぶつかるとか日本では割とありえないけれどインドではしょうっちゅう見かける。運転手達の「よけない歩行者が悪い」と言わんばかりふてぶてしさに文化の違いを感じる。

以前は静かにのんびり散歩が出来ないこの時期は人の多さに辟易してなにかとイライラしていたのだけれど、精神的なサダナを通し学びが深まるにつれ(歳を取るにつれ?)、自分と他の存在を別のものと捉える考え方から、私達人間を含め地球上に生きるすべての動植物達と共に地球に育まれ共に地球をシェアしていて、自分と全ての存在は繋がっていて本当はひとつであるというコンセプトに変わってきた。

img_5782

ナヴァラートリ最終日のセレモニーを見学する為に朝からシヴァンダアシュラムへ。9時くらいにホールに到着するとちょうどプージャが始まるところ。この大きなプージャを取り仕切りるパンディットは私達FLOWARTS Yogaの講師の1人ムケーシュ・ダブラルジの先生で私達が毎年、朝のプージャとアラティを見学しにシヴァナンダアシュラムにお邪魔すると、アラティを行っているホールの横でいつも世界平和を祈るハバナをされています。※写真右側の白髪の方がプージャを行うパンディット、その左隣で代表してプージャを受けているのがシヴァナンダアシュラムの副総長のSwami Nirliptananda ji(スワミ・ニルリプタナンダ先生)。

dsc_2303

9時半を過ぎるとホールにはサフラン色の僧衣をまとったシヴァナンダアシュラムのスワミジ達が次々に到着し、祭壇の前で膝をつき頭を床に付けて礼拝をする。祈る姿の美しさよ。

image1

dsc_2305

ナヴァラートリ最終日は10人の子供達が舞台に並んで座り、その神様になぞらえた子供達(女の子が9人で3人ずつそれぞれドゥルガー女神、サラスヴァティー女神、ラクシュミー女神に、1人の男の子はラーマ神として)の足をスワミ手ずから水で洗い清め、ショールで飾り沢山のお花でプージャしていく。

(注1) ナヴァラートリとは、ドゥルガー、ラクシュミー、サラスワティー女神をお奉りするヒンドゥー教の三大祭典のひとつ。ナヴァはサンスクリット語で9をラートリは夜意味します。したがって、ナヴァラートリとは、9日間の夜となります。ナヴァラートリの第10日目はダシェラー(Dussehra)と呼ばれる吉日で、この日はラーヴァナという悪魔をかたどった像が燃やされ、ラーマに主導される善の勢力が悪に打ち勝った日として盛大に祝われます。

_____________________________________________

La ARTISTaが参加している“ブログ村”にはカテゴリー毎に沢山の人気ブログが紹介されていますओम्

国際生活ブログランキング

気に入っていただけたら↑をポチッとクリックしてください♪

One thought on “ナヴァラートリのセレモニー

  1. 先週金曜日にインドから帰国しました。
    もしかしたらリシケシでエマ先生にお会いできたら良いなと思っていましたが、すれ違いになってしまいました。私もシヴァナンダアシュラムのゲストハウスに9/29と10/12に泊まっていました^_^

    今回でインドは2回目ですが、ウッタルカシ〜ガンゴトリも道が良くなったそうで、特にガンゴトリではお金持ちのインド人がトレッキングをしている感じでした。
    リシケシも前回(昨年2月)とは雰囲気が変わったように感じ、景気が良いのかな?と感じましたが、実際景気が良いのですね。

    次回はいつリシケシに行けるか未定ですが、どんどん変わっていきそうですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です