アーカイブ:2018年 6月19日

  1. 普通の化粧品を使ってみると、皮膚が赤くなってしまうとか刺激があって痛くなってしまうのならば、肌への負担が少ない敏感肌専門の基礎化粧品を使用した方が良いでしょう。洗顔するときのコツは濃厚な泡で肌をカバーするように洗っていくことです。泡立てネッ…

RETURN TOP