カロリナ酵素プラスの効果的な飲み方について

カロリナ酵素プラス 効果的な飲み方

「カロリナ酵素プラス」とは、体内の脂肪を分解して外に排出してくれるタイプのダイエットサプリメントです。
カロリナ酵素プラスの最大の特徴は、リポサンウルトラ、ガーシトリン、レプチコアという3種類の特許成分、約90種類の野菜や果実、野草などの酵素エキス、ビール酵母、食物繊維などの成分が含まれていることです。

リポサンウルトラはキトサンという食物繊維の一種で水分と一緒に脂質を吸着する作用があるので、脂質が体内に吸収されないまま体外に排出する作用を持っています。ガーシトリンは、ガルシニアカンボジアという植物から抽出した成分で日本特許を取得しており、糖質を脂肪にする酵素を抑える働きがあります。したがって、脂肪を燃焼させ、蓄積を防ぐ作用を持っています。そして、レプチコアは、恋愛をしている時に脳から分泌される恋愛ホルモンのPEAが含まれており、脳内で神経伝達物質として働きます。PEAの働きにより、結果として基礎代謝があがり、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに効果が期待できます。

カロリナ酵素プラスのダイエットを最大に活かすには、摂取するタイミングなど効果的な飲み方が重要となります。正しい飲み方は、1日4粒~8粒が目安となります。4粒程度でリポサンウルトラ、ガーシトリン、レプチコアの一日必要摂取量が摂取できます。したがって、これ以上摂取すると一日の必要摂取量を超えることになり、腹痛や下痢などの胃腸障害を起こすことあるので注意が必要です。

摂取する時間、タイミングは、食前と食後のどちらでも良いとされていますが、決まった時間に摂取するのが望ましいです。食後すぐに摂取するか、食前の10~15分ほど前の摂取が最も効果的であるという声もありますので、自分に合う時間帯に利用すると良いでしょう。また、高カロリーのものを食べるとき以外は、朝昼晩に分けて摂取するとより、効果的とされています。

また、もっとも重要なことは、毎日忘れずにカロリナ酵素プラスを摂取することです。じっくりと脂肪を燃焼する働きを持っているので、飲み始めてからすぐに効果が出るわけではありませんが、継続することで徐々に効果が現れてきます。

カロリナ酵素プラスは、油を吸着する力が強いので、甘いものや揚げ物など太りやすいものを食べても体に吸収されずに体重が増えにくくなるので、好きなものを食べることができるので、無理せずにダイエットに取り組むことができることがメリットです。